tare_BNR

「丹波ーガーのたれ」誕生のあらまし

いのしし祭名物「丹波ーガー」から生まれたタレ

「丹波ーガー」は、いのしし祭で販売され、のべの販売個数は1万個をゆうに越える。

最初は商工会青年部員の発した「ぼたん鍋のハンバーガーあったらオモロイやんけ」から始まった。
初代「丹波ーガー」は米粉のパンに、特注の猪肉のパテ、市内料理旅館のぼたん味噌、ささがきごぼうだけのシンプルな構成だった。

回を重ねるごとに内容は変移をしていき、バンズにはゴマが加えられ、茹でたキャベツを加える事でジューシーさを演出し、ぼたん味噌にはマヨネーズが加えられ、味噌の角を落としたまろやかさが出た。

次の改良では、猪肉パテの増量が行われ、その味わいに合わせる為の「味噌」部分の開発が行われた。
そして、八丁味噌をベースにし、清酒や醤油、しょうがやニンニク、香辛料などを加え、煮込んだ味噌ダレが生まれた。
「旨い!これはこのパテに合うで!!」皆が声をそろえて絶賛した。

しかし、同時に、この味噌ダレは製作課程に時間がかかりすぎ、大量に作る事もまた難しいという問題が発生した。
「せっかく開発できたこのタレ、なんか上手いこと出来る方法ないやろか?……」
部員たちは頭をひねって考えた。

ここで、「業者にこの味噌ダレ作ってもろたらええんちゃうん?」という案から、篠山市内に本社工場を構える「七星ソース株式会社」さんに協力を要請する事となる。
七星ソース株式会社さんは、地元に根付いた調味料メーカーで、ノスタルジックなスタイルのウスターソースを主力に、既に地元今田の地名である「立杭」の名前を冠したポン酢の実績もあり、味も良かった。
このタレの開発を頼むにはまさしくうってつけ。

七星ソース株式会社様WEBサイトはこちら
七星ソースバナー

そして、我々青年部員と、七星ソースさんの間で開発会議が行われ、その中で一度に作る量の話になった。
その量は我々の想像を絶する大量なものであった。
「こんなにいっぱいあっても使いきられへんやん……」
合成着色料、保存料はいっさい無添加…理想を追求して開発した結果、その賞味期限はたったの9ヶ月。
しかし、そこでまた閃いたのである。

「このタレ、売ったらどないやろ?」

「それええやん!定着したらおもろいなあ!」
「一家に1本あって、おとんがアレ取ってって言うたらこのタレの事とかな!」

こうして「丹波ーガーのたれ」は生まれました。

「目指せ!篠山市内各家庭に1本!」

tare_BNR02

アレにかけても、コレとまぜても。

丹波ーガーのタレはイロイロな料理にご使用していただける、けっこう便利な調味料です。

・焼肉のタレに。

牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉…肉との相性はとにかくバツグンです。
ゴハンがすすむ事間違いなし!

・揚げ物に。

トンカツやフライ物のお供にどうぞ。
トンカツにかけて、玉葱のスライスと一緒に食べると…

・マヨネーズと混ぜて野菜をディップ。

オススメの比率は1:1
即席おつまみにも、ゴハンのオカズにもなります。

・茹でた大根にかけてみる

頭の中から田楽味噌のイメージを消し去ってから味わってみてください。
新感覚の大根になります。

・アルミ鍋うどんに入れてカンタン味噌煮込みうどんに。

スーパーや食料品店に置いてある、アルミ鍋のうどんに大さじ2加えてください。
卵を落とすとさらにゴージャスに!

・刻んだネギと混ぜてホカホカゴハンにON!

なんとそのままゴハンのオカズにもなるんです。
さらに卵の黄身を上から……

どこで買うねん?

丹波ーガーのたれは、2014年1月25日開催の、いのしし祭会場内各所にてお買い求めいただけます。
・直営売店タレコーナー
・七星ソース株式会社様ブース
にて販売しております。

いのしし祭後には、市内販売店でも随時販売開始いたします。
詳細は追ってお知らせいたします。

tare_photo
企画:篠山市商工会青年部篠山支部
開発協力:七星ソース株式会社 様

丹波篠山謹製地ソース
丹波ーガーのたれ

¥650(税込)

七星ソース株式会社様 WEBサイト
七星ソースバナー